トップページ > 経営方針

経営方針


社長挨拶

日本眼科医療センター 社長

日本眼科医療センター 代表取締役

 創設以来(1974年)眼科専門のディーラーとして業務を行う事が出来ました事は、偏に
お客様そして各メーカーの賜と深く感謝申し上げます。
 私ども日本眼科医療センターは常に
<地域医療に貢献しているドクターをサポート致します>をモットーに掲げ日々業務にあたっております。 中でも医療機器の修理は迅速な対応を心掛け、安全な医療が行えますよう医療機器の保守メンテナンスにも尽力してまいります。
 今後の事業展開としても、諸先輩が築き上げた信頼や実績に恥じない様、また、お客様から頂いたご忠告やお言葉に敬意を拝し、 眼科医療のトータルサポーターとしての考え方を全うし、コンプライアンスを順守し更なる信頼を頂けますよう邁進してまいります。
 より一層のご指導ご鞭撻をお願い致します。


株式会社 日本眼科医療センター
代表取締役 郡 山  知 之


ページトップへ戻る

経営理念

社是 経営方針

ページトップへ戻る

環境理念

 当事業所は、住宅地に隣接する場所において、薬事法で定められた医療機器の販売及び修理業を営んでおり近隣にお住まいの皆様に対し、 安眠や生活環境の重要性を強く認識し、また医療機器の廃棄物や修理交換部品等で、環境を破壊することの無いよう環境保全に配慮します。
 また、地域の事業活動にできる限り参加または協力し、地域環境の維持、向上を目指します。

環境方針

1.環境関連諸法規の遵守
車輌関連
  • 車輌は自動車排気ガス規制に従い、燃費向上を目指し一台当りの燃料の削減を図る。
  • 現社有車は、排気ガスや騒音が規制値を上回ることの無いよう常に整備し、また、交換部品等は、できる限り環境に優しい部品に交換しその記録を保存する。
  • 駐車や停車中はアイドリングやオーディオ等の音を出すことを禁止する。
汚染予防の取り組みについて
  • 下水道や排水溝などに汚染防止法内での処理。
  • リサイクル等を大いに活用し、可能な限り廃棄物を減量化し、資源の無駄を省き残った廃棄物の適切な処理に取り組む。
  • 冷暖房装置の動力燃料は液化天然ガスを使用し、地球温暖化の原因となるCo2排出をゼロに抑える。
    また室外機の騒音や冷却ファンの風向きなど近隣にご迷惑が掛からぬ場所に設置し、常に点検整備し、その記録を保管する。
2.継続的改善項目
紙資源の節約
コピーやFAX、文書作成などに使用する紙はできる限り1枚の用紙に記入し、個人情報や会社情報等に支障がない場合は裏紙などを使用する。
エネルギー使用量の削減
冷房は25℃、暖房は20℃に設定する。また待機電源や不必要な照明を消す。
可能な限りゴミや廃棄物の減量化を図る。
隣接地の緑化に気を配り、緑地化に協力する。
新車購入時は年々高まる自動車排気ガス規制の最高の値に寄与する車輌の購入。
3.環境方針の周知と公開

 本方針に基き、当社の役員及び従業員に対し周知、徹底し、全員が理解し行動できるよう教育・啓発活動を推進する。
 また当社への来客もこれに順ずる。また、この環境方針は社外にも積極的に公開する。 


ページトップへ戻る

みやぎグリーン購入ネットワーク会員とは

 弊社では事務用品等を購入する際には必要性をよく考え、価格や品質だけでなく、環境への負荷ができるだけ小さいものを優先的に購入しております。

グリーン購入ネットワーク
グリーン購入ネットワーク公式サイトへ


ページトップへ戻る

透明性ガイドラインについて

 弊社では、医療機関等の関係各所との透明性確保のために、 一般社団法人 日本眼科医療機器協会が策定する 「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、 医療機関等の関係の透明性に関する指針を策定いたしました。

医療機関等の関係の透明性に関する指針

開示データの閲覧


ページトップへ戻る