トップページ > 眼科機器のアフターメンテナンス

眼科機器のアフターメンテナンス


医療機器の保守点検について

医療機器の保守点検は、医療法に定められています。
病院等においては、「医療機器安全管理責任者」を配置し、保守点検をする必要があります。

ページトップへ戻る

医療機器 保守のお勧め

医療機器の安全使用に保守点検、予防保守が必要です。

医療機器 保守のお勧め (PDFファイル  520kb)


資料発行元  日本医療機器産業連合会

ページトップへ戻る

眼科における管理医療機器について

薬事法及び医療法の改正により、1182品目の「特定保管医療機器」が指定されています。
眼科医療機器で指定されているものは下記の通りです。

  • 眼底検査機器
  • 前眼部検査機器
  • 超音波・電気生理機器
  • 手術治療用器械装置
  • レーザー手術装置

保守点検についての詳細は下記よりダウンロードできますのでご確認下さい。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

ページトップへ戻る

災害時のご案内

近年地震や異常気象などによる災害が相次いでおります。
大規模な災害時は、建物内の家具類などの倒壊があります。
医療機器も例外ではありません。
「災害時および転倒時などに使用できる医療機器チェックシート」
を掲載しました。
災害時はライフラインや交通機関および通信網等の不通がおこります。
ぜひ、このチェックシートを災害時等にご活用頂きたいと思います。

ページトップへ戻る